各骨折について!【筋・骨格器系】

本日もブログをご覧いただきありがとうございますニコニコ

看護学生の味方★谷口ですおねがい

 

いつも当店をご利用頂き

ありがとうございますm(_ _ )m

 

毎日たくさんのお礼のメールを頂けて

とっても嬉しいですえーんラブラブ

こちらを参照してください。

 

病態学

~筋・骨格器系~

・骨折各論

■上腕骨骨幹部骨折

・腕相撲や投球で生じる

・転位が多い

・三角筋のところから橈骨神経が走っている。→麻痺が生じると★「下垂手」★

・ハンギング・キャスト法を用いたギプスによる保存療法がある。

■上腕骨顆上骨折

・転倒の際に肘を伸展して手をついた場合に生じやすく、小児の骨折中で最多である。

・正中神経、橈骨神経、尺骨神経の障害

・激しい痛み(疼痛)、異常可動、腫脹

・治療→ギプス固定

・変形が強ければ手術

★コーレスの骨折

★若木骨折(小児で多い)

■大腿骨頸部骨折

・人工骨頭置換術

・老人に多い三大骨折

①大腿骨頸部骨折

②遠位橈骨端骨折

③脊椎圧迫骨折

■末梢神経の総論

★ワーラー変性→遠位の断裂

★ティネル(サイネル)のサイン→損傷した神経が伸びてくる。

■肩関節周囲炎(五十肩)

・腕が上がらない、手が回らないなどの症状

・主婦やサラリーマンに多い。

・強い痛みは1週間程度で回復。治るまで1年以上かかることもある。

・急性期は冷湿布、慢性期は温湿布

★運動療法→肩の痛みをとり、肩のスムーズな動きを取り戻す。

■腰椎椎間板ヘルニア

・神経症状→下肢にしびれがおこる

・重いものを持ち上げる、運転、喫煙などが原因

・診断→下肢の挙上(症状を確認ex.しびれ)、MRI→確定診断

・治療→神経ブロック

    保存的治療(コルセット)

    体操療法(腹筋の強化)

■腰部脊柱管狭窄症

・椎間板の変性

・後縦靱帯の変性など

・馬尾神経の圧迫による血流低下→原因

・下肢疼痛、しびれ、間欠跛行の出現→症状

・馬尾神経根の圧迫解除・組織の血流改善→治療

★直立位、腹臥位後屈、直立位後屈 → 負担が大きい

・馬尾神経→尿閉に関与

★前屈位歩行、自転車 → 楽になる

■骨粗鬆症

・エストロゲンの低下

・骨密度を測定

・転倒予防、Ca,ビタミンDを摂取。喫煙、アルコールをやめる。(予防が大切)

・カルシトニン製剤

・牛乳、魚、納豆、海草

★骨の質 and 骨密度 = 骨の強さ

・コラーゲン

★アレンドロネート、リセドロネート、女性ホルモンが有効 → A

(骨折が少ない)

・カルシトニン → 鎮痛作用

★活性型ビタミンD → B

・イプリフラボン、蛋白同化 → C

・カルシウムは意味がない。

■椎体骨折

・身長を測定

・手をあげると体幹が悪い(少し前傾姿勢)

・椎間板ヘルニア等との鑑別が必要

 

本日もご覧いただきありがとうございます。


私が学生時代に学習した

解剖生理学や、国家試験の学習方法などを

わかりやすい教材としてデータ・商品化しています。

必ず実習・国試対策に役立つでしょうキラキラキラキラ

こちらの記事を参照してください。

 

「どうやって国試の勉強をしたらいいですか??」

 

「この手術はどういうものですか??」

 

「この疾患について調べたけどわかりません!」

 

など気になること

ご不明な点などございましたら

お気軽に、お問合せください。

 

お問い合わせはこちら → お問合せ

ショップはこちら → 看護師・看護学生お助けショップ

 

あなたが有意義な看護学校生活を送れますように。。。クローバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です