牽引施行中の患者の看護について

本日もブログをご覧いただきありがとうございますニコニコ

看護学生の味方★谷口ですおねがい

 

いつも当店をご利用頂き

ありがとうございますm(_ _ )m

 

過去の看護資料については、

下記を参照してください星

↓↓↓

①(こちらを参照してください。

②(こちらを参照してください。

 

■牽引施行中の患者の看護について、次の問いに答えなさい。

(1)牽引の効果を妨げる点をあげなさい。

・フォームラバーの固定がゆるい場合

・皮膚の状態がよくない場合

 

(2)牽引中に生じやすい合併症とその予防について述べなさい。

鋼線刺入部位から細菌が侵入し、

髄膜炎をきたす可能性があるため、感染に注意し、十分な消毒と包交を行う。

 

(3)直達牽引と介達牽引で注意すべき点をあげなさい。

鋼線刺入部位から細菌が侵入し、

髄膜炎をきたす可能性があるため、感染に注意し、十分な消毒と包交を行う。

 

直達牽引

牽引力が非常に強く、

長期にわたって実施できるという長所があるが、

手術操作を必要とするという短所もある。

 

介達牽引

直達牽引より、牽引力が劣り、

長期にわたって使用することができないという欠点はあるが、

簡便であるので、とくに幼小児の骨折に好んで用いられる。

 

本日もご覧いただきありがとうございます。


「どうやって国試の勉強をしたらいいですか??」

 

「この手術はどういうものですか??」

 

「この疾患について調べたけどわかりません!」

 

など気になること

ご不明な点などございましたら

お気軽に、お問合せください。

 

お問い合わせはこちら → お問合せ

ショップはこちら → 看護師・看護学生お助けショップ

 

あなたが有意義な看護学校生活を送れますように。。。クローバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です